WordPressブログの書き方について考えてみる

0b5d1153b371e50c806c2ea89814adef_s-compressor

記事の書き方について、試行錯誤が続いています。
読みやすい文章とは何か、最後まで読ませる文章とは何か。
ブログを始めたばかりの私にはそんな事は分かりません。

それでも、どうすれば手際良く記事を作れるかを考える事はできるはず。
という訳でこの記事を書いてみようと思いました。

あくまで私流の、記事を書く手順や利用するサービス・ツール等について述べていきます。

スポンサーリンク

私はこうやっています

手順としては、

・下書き

・画像等で装飾

・推敲・校正

です。

別段特別なことはしていません。
ごくごく普通の事をやっているはず、多分。

下書きと画像挿入は外部のブログエディタで

WordPress内のブログエディタは、サーバー上での動作故にレスポンスが悪くなる事があります。
レスポンスが悪いだけで済むなら良いのですが、信障害のせいで書いた記事が通信障害で保存されず、丸々吹っ飛んだなんて事になったら目も当てられません。

最終的にはWordPress内のエディタで微調整するにしても、その前段階は全てローカル環境で済ませるのが望ましいでしょう。

そこで頼りになるのが、外部のブログエディタです。
WindowsユーザーならWindows Live Writer(とそのオープンソース版のOpen Live Writer)が有力候補でしょうか。
Windows以外のOSで作業することがないので、他のOSについては割愛します。

私は、何やら稀に変な挙動をするらしい、Portable版がなさそう(私はPCのレジストリを汚すのが大嫌いです)等の大変個人的な理由で導入を見送り、ScribeFireを使う事にしました。

ScribeFireで記事はほとんど完成させてしまいます。

ScribeFireとは

ScribeFireはブラウザ上で動くアドオン型のブログエディタです。
対応ブラウザはFireFox・GoogleChrome・Operaなどがあります。

ScribeFire FireFox版

ScribeFire Chrome版

ScribeFire Opera版

あくまでブラウザの拡張機能という位置付けなので動作OSは選ばないようです。
動作は軽快で使いやすいエディタですが、ドラッグでの画像挿入に対応しておらず、その点はWindows Live Writerに劣っています。
一見、ローカルに記事を保存できないように見えますが、ローカル環境に構築したブログを保存先に登録することで無理矢理ローカル保存しています。

※参考に下記の記事もどうぞ

お手軽!『Instant WordPress』でWordPressローカル環境を構築
私はまだブログを始めて間もないですが、色々と弄っている間にサイトがぐちゃぐちゃになってしまい、インストールからやり直した事が何度かあります。...
ブログエディタ『ScribeFire』設定とその使い方
記事を書く際、主にScribeFireを使用しています。 シンプルで動作が軽く、必要な機能はほぼ揃っているので大変重宝しています。 ...

画像はとにかく圧縮

記事に彩りを与えてくれる画像ですが、その分ページ表示に時間が掛かってしまう欠点もあります。
ページ読み込みに時間がかかり、閲覧者にストレスを感じさせてしまっては元も子もありません。

WordPressならプラグイン等で画像の読み込みだけを後回しにする工夫もできますが、大元の画像を圧縮しファイルサイズを落とすのが一番です。

記事に使う画像は、貼る前に必ず圧縮します。
以下、使っている画像圧縮のサービスです。
ブラウザ上だけで完結させたいので、基本的にインターネット上のサービスを利用しています。

Compressor.io

TinyPNG

Optimizilla

サーバー上での作業は仕上げでのみで行う

文章を書き、画像の挿入が終わったら、記事はほぼ完成です。
作成した記事をサーバー上(WordPress)にアップロードし、プレビュー画面を見ながら仕上げます。
リンク挿入、文字そのものの装飾、カテゴリ登録、タグ付け、誤字脱字がないかを確認し、公開します。

まとめ

以上、フロウド流記事作成の手順でした。
画像圧縮を自動化する等効率化出来るところはありますが、私自身が『納得できる』やり方を考えたところ、現在の形で落ち着いています。

記事作成手順を公開したからってどうなるものでもありませんが、何かの参考になれば幸いです。