複数のポータブルアプリを一括でインストール・管理出来る『PortableApps』でUSBを有効活用する

memory-stick-1267620_640

私はレジストリを汚さないポータブルアプリが大好きです。
導入の際はフォルダを指定して解凍するだけ、いらなくなったらフォルダごとポイッ。

USBに入れて持ち運べば作業するPCも選ばないので、インストーラータイプのものよりずっと使い勝手が良いと感じています。

そんなポータブルアプリを、一括で管理及びインストール出来るのが、『PortableApps』です。

PortableApps.comで提供されているアプリケーションに限りますが、専用のランチャーからあれこれ出来るので、使いたいアプリを求めてPC内のフォルダを掘ったり、インストールするためにGoogle検索する必要がないので重宝します。

USBメモリ上で活用することを想定した機能が幾つか盛られていますが、PC上のフォルダでも問題なく使えます。

スポンサーリンク

『PortableApps』の導入方法

配布ページ

まずはダウンロードします。
2016-07-22_21h04_44
2016-07-22_21h05_16

ダウンロードした『PortableApps.comPlatformSetup_○○.○(バージョン).paf.exe』を実行。
すると、言語選択画面が現れます。
2016-07-22_21h06_36
任意の言語を選んで次へ。

インストールの種類を問われます。
新規インストールで問題ないでしょう。
2016-07-22_21h07_10

インストール場所の選択画面になります。
任意のフォルダを選択しましょう。
USB等のポータブルデバイスも選べます。
2016-07-22_21h07_31

ポータブルを選択すると……
2016-07-22_21h08_05
PCに挿さっているUSBメモリを勝手にサーチしてくれるようです。

最後にインストール場所を確認の後、インストールを選択すれば完了です。
2016-07-22_21h09_24

一見インストーラー型のアプリにも見えますが、PortableApps自身もレジストリを使わないポータブルアプリのようです。

『PortableApps』の使い方

インストールしたフォルダ内の『Start.exe』をダブルクリックすれば『PortableApps』が立ち上がります。
2016-07-22_21h14_28

なお、同梱されている『Autorun.inf』を常に監視しているようで、以下の画像のように突然警告をしてくることがあります。
2016-07-22_21h13_192016-07-22_21h11_02

この『Autorun.inf』は、USBを挿すと自動で『Start.exe』を実行するような設定が書き込まれているファイルです。
害はないと思われますが、使う度に警告を飛ばされるのも気持ち悪いので、削除しても良いでしょう。
2016-07-22_21h14_55

初回起動時には以下の画面が表示されますが、CloseでOK。
2016-07-22_21h11_47

アプリ入手は、ランチャーの『アプリ管理』から行えます。
2016-07-22_22h23_07

導入したいアプリにチェックを入れて一括でインストールできます。
2016-07-22_21h22_21

ダウンロードが始まるので、しばらく待ちます。
2016-07-22_21h25_13
都度ネットに接続してアプリをダウンロードするので、割と時間がかかります。
USBメモリにインストールしている場合は、唐突に進捗がストップする等で更に待たされがちです。
導入作業はPC上で行い、最後にUSBメモリにコピーするといった工夫が、或いは必要かもしれません。

一部のアプリケーションはライセンスへの同意が求められます。
放置して待つという訳にもいかないようです。
画面はちょくちょく確認を。
2016-07-22_22h04_41

インストールされたアプリケーションは、『PortableApps』フォルダ内に格納されます。
2016-07-22_23h05_56

また、アプリケーションはランチャーから起動出来ます。
むしろこのためのランチャー。
2016-07-22_23h01_04
何処となく、Windows7以前のスタートアップボタンを彷彿とさせるUI。
利用に当って迷う事はないでしょう。

デフォルトではデスクトップ右下に出現するランチャーですが、特定の場所を掴むと好きな場所へ動かせます。
2016-07-22_23h01_45

USBのリジェクトボタンも。
2016-07-22_22h22_15
タスクバーから安全な取り外しの操作をする手間が省けます。

オプションで各種設定も可能。
基本的にはデフォルトの設定で不便はありませんが、見た目なんかも変えられます。
視覚的にもこだわりたい方は是非。
2016-07-23_00h26_56

まとめ

今回ざっと眺めただけでも

GoogleChrome(ブラウザ)
Firefox(ブラウザ)
Opera(ブラウザ)
GIMP(画像処理)
Skype(通話)
7-Zip(ファイルの圧縮・解凍)
LibreOffice(フリーのオフィスソフト)
MediaPrayerClassic(動画・音楽の再生)
Thunderbird(メール管理)

を始めとして、メジャーどころは大体押さえてあるように思います。

ゲームなんかもあるようですが、面白いんですかね?
2016-07-22_23h16_59

USBメモリで自分の環境を持ち歩けるのは勿論ですが、OSをクリーンインストールした直後や、新しくPCを入手した時にどうしても必要になる環境構築の『最初の一手』にも最適と言えそうです。

ただし、アプリを入れ過ぎるとそれだけ容量を喰うので、容量は余裕を見た方が良いでしょう。

以上、『PortableApps』のご紹介でした。