『MouseGestureL.ahk』同じジェスチャーでアプリケーション毎に異なる動作をさせる設定方法

mouse-apple-magic-mouse-technology-mac-macbook

当ブログで、少し前にこんな記事を書きました。

フリーのマウスジェスチャーソフト『MouseGestureL.ahk』導入と設定方法
PCを効率良く操作する方法の1つに、マウスジェスチャーを設定するというものがあります。 例えば、通常画面を閉じる時には、右上の小さなポ...

『MouseGestureL.ahk』のインストール方法と基本的な設定方法を解説したものです。

上の記事にある設定だけでは不便を感じる事があると思います。
なので今回は応用、或いは補足的な意味合いを込めて『MouseGestureL.ahk』における、同じジェスチャーでアプリケーション毎に違う動作をさせる設定方法について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

アプリケーション毎に別の動作を設定する

何故こんな事が必要なのか

やはり前回の記事で設定した『右クリック+↓→:画面を閉じる』を例に取って説明します。

アプリケーション上でL字にマウスを動かすと『画面が閉じる』このマウスジェスチャーですが、GoogleChrome等の所謂タブ型のインターネットブラウザ上で実行すると不便だとすぐ気付くはずです。

インターネットをしている時に『右クリック+↓→』を使う場合、こう思う人が多いのではないでしょうか。

今開いているタブを閉じたい。
隣のタブを見るために今開いているタブを閉じたいだけであって、アプリケーションを終了したい(画面を閉じたい)訳ではない。
2016-06-23_22h33_04

しかし、そう思って前回の記事の設定で『右クリック+↓→』を実行するとどうなるか。
全部のタブを巻き添えにして、ブラウザを終了してしまいます。

2016-06-23_22h38_47

ブラウザ側で閉じる直前の画面を復元するように設定していた場合はまだ救いがありますが、そうでないなら悲惨の一言です。

これでは余りに使い勝手が悪いので、同じジェスチャーでもデフォルトとインターネットブラウザ上で動作を分けませんか?というのが今回の記事の主旨です。
2016-06-23_22h58_442016-06-23_22h58_25

ブラウザ上では、タブを閉じるように設定する

やることはとても簡単です。
設定済みの既存のジェスチャーに新しいターゲットを追加します。

設定画面を開き、『右クリック+↓→』のジェスチャーを選択。
2016-06-23_23h03_02

次にターゲットでブラウザを選択し画面右側の追加をクリックします。
2016-06-23_23h03_48

右上のターゲットにブラウザが追加されたことを確認して下さい
2016-06-23_23h07_14

次に右下のアクションスクリプトを設定します。
別のスクリプトをコピーされている時は、削除して下さい。
2016-06-23_23h08_33

目的の動作は『タブを閉じる』なので、下のメニューから該当の物を探し出したいところですが、どうやらそんな都合の良い項目はないようです。
2016-06-23_23h11_11
そこで、『タブを閉じる』ショートカットキーを入力するように設定する事で、この問題を解決します。

Ctrl + W

がタブを閉じるショートカットキーです(ブラウザによって違うかも)。

つまり『右クリック+↓→』とマウスと動かすと、『Ctrl + W』を入力されるように設定します。

『キー操作を発生させる』を選び、すぐ右の『追加』をクリック。
カテゴリとしては『入力エミュレーション』に当たります。
2016-06-23_23h16_47

すると、キー入力の小さな画面が出ます。
入力ボックスにマウスを合わせて『Ctrl』と『W』を同時に押します。
2016-06-23_23h18_15
または、先に『W』だけを入力した後、画面の『Ctrl』にチェックを入れてもOK。

操作状態はストロークのままで良いので、OKを押します。
2016-06-23_23h19_37

アクションスクリプトに以下のような文字列が出力されます。
2016-06-23_23h20_04

;キー操作を発生させる
Send, ^w

最後に更新を押して画面下のOKとすれば設定完了です。
2016-06-23_23h24_13

新しいターゲットを設定する

デフォルト状態だと、ターゲットはDefault・エクスプローラー・ブラウザの3つですが、ユーザーが新規に4つ目以降のターゲットを設定する事も勿論可能です。
例えば、「動画プレイヤーでもマウスジェスチャーを使いたい」なんて時には重宝するでしょう。

予め、ターゲットにしたいアプリケーションを起動した状態で設定を開始します。
例として、『MediaPlayerClassic』で設定してみます。

まずは、画面左で右クリック『新規ターゲットを選択』。
2016-06-23_23h29_40
自動でターゲットのタブに移動します。

お好みの名称を付けたら、種別から『実行ファイル名』を選択。
2016-06-23_23h31_42

次に、すぐ右の『入力補助』をクリック。
2016-06-23_23h32_50

マウスカーソルの下に『取得したいウィンドウを右クリック』というメッセージが追従するようになります。
その状態でターゲットにしたいアプリケーション上で右クリック。
2016-06-23_23h48_24

すると、『値』に先ほど右クリックしたアプリケーションが表示されるので、確認の後に追加をクリック。
2016-06-23_23h55_20

右上にアプリケーションの追加が確認出来たら、ターゲットの設定は終わりです。
2016-06-23_23h56_39

まとめ

以上、『MouseGestureL.ahk』同じジェスチャーでアプリケーション毎に異なる動作をさせる設定方法でした。

ターゲット追加を駆使することで、よりマウスジェスチャーの設定に幅を持たせる事が出来るはずです。
是非、自分好みのPC操作環境を構築していただければと思います。