Andloidスマホ用コントローラー『スマコン/SMACON』の設定方法を解説!

IMG_0643

Andloidスマホでゲームをする際に重宝するスマコンですが、その設定方法が割と面倒です。

もちろん取扱説明書に手順は記されているのですが、読んでもイマイチ理解出来ないので、取り敢えず使ってみて「駄目だコレ」となるのが人間というもの。

かくいう私も何も考えずに使い始めて見事にハマってしまった1人で、取説片手に数時間格闘してどうにか上手く設定出来たものの「手順が分かりにくくないか?」と思ったので、備忘録がてら設定方法を書いてみます。

なお、スマコンそのものの使用感等は、Androidでゲームするなら専用コントローラーを。『スマコン/SMACON』レビューにて纏めています。
合わせて読んでいただけたら幸いです。

Androidでゲームするなら専用コントローラーを。『スマコン/SMACON』レビュー
スマホのゲームアプリの中には、コントローラーでプレイしたくなるようなものもあります。 頭にパッと思い付くのは、やはりドラクエやFF等の...
スポンサーリンク

スマコン/SMACONの動作モードについて

設定方法の解説の前に、スマコンの動作モードについて解説します。
スマコンには4つの動作モードがあり、電源を入れる際に押していた十字キーに応じてモードが決定されます。

スマコンを使いこなすなら、↑を押しながら起動です!

SPP Gamepad(↑)

スマコンのメインモードと思われる動作モードです。
専用のIMEをインストールする事で初めてまともに動かすことが出来、IME側でキーコンフィグが可能です。
冒頭に述べた『割と面倒』とはこのモードを使うための手順です。
本記事では、基本的にこのSPP Gamepadの設定方法について解説しています。

HID Gamepad(←)

複雑な手順を踏む事なく、繋ぐ事が出来るモードです。
一見するとSPP Gamepadモードと同じように動作しますが『取り敢えず繋いでいるだけ』なので、キーコンフィグは出来ません。
ゲーム側でキーコンフィグが用意されていない場合はボタン配列が滅茶苦茶になってしまい、まともにプレイ出来ない等の問題が出る可能性があります。

HID Mouse/Keyboard(↓)

左スティックでマウスのカーソル操作、LRにクリックやEnterが割り振られているモードらしいです。
わざわざゲームコントローラーでやる操作でも無い気がしますが、どうなんでしょう?

HID 10Key(→)

それぞれのボタンに0~9までの数字入力が割り当てられたモードです。
端末と接続する際に数字入力を求められた場合に使用するモードとのことですが、こっちも普通は使わないんじゃないかなあ?

スマコン/SMACONの設定方法

では、スマコンの設定方法の解説をしたいと思います。

設定は面倒でも、SPP Gamepadモードを使う事をオススメします。
何故SPP Gamepadモードを使うのかと言うと、どんなゲームでも思い通りのキー配置でプレイするためです。

例えばスマホ版FF5の場合、HID Gamepadモードだと右側の4ボタンが滅茶苦茶な配置になります。
更に、ゲーム側にキーコンフィグがなく、ボタン配置を矯正することができません。
結果的に、オリジナル版に慣れていれば慣れている程プレイに支障をきたしてしまいます。

SPP Gamepadモードならボタン配置に融通が効くので、オリジナル版と同じ感覚でプレイが出来るようになります。

SPP Gamepadを認識出来るか確認

何はともあれ、スマコンを端末が認識出来るか確認するのが先決です。

まずはスマホ側で『設定』→『Bluetooth』と進み、画面右上のBluetoothをONに。
Screenshot_2016-06-19-23-20-54

スマコンをSPP Gamepadモード(十字キー↑を押しながら)で起動します。
スマホ側で自動的にスマコンを認識してくれればそれで良いのですが、もし画面にそれらしきものが表示されない時は画面下の『デバイスの検索』をタップして下さい。
Screenshot_2016-06-19-23-27-13

端末が余程古いものでもない限り、使用可能なデバイスに『SMACON_GP』が表示されます。
Screenshot_2016-06-19-23-24-28
現時点では認識する事が分かればそれで良いので、何もせず画面を閉じてOKです。

SMACON IMEアプリをインストールする

認識する事が分かったら、SPP Gamepadモードを使うために必要な『SMACON IME』をGooglePrayよりインストールします。

GooglePray SMACON IME

インストールが終わったらアプリを起動し、『Bluetooth有効』にチェックを入れます。
Screenshot_2016-06-19-23-47-13

次に『IME選択』をタップし、『SMACON IME』を選択します。
Screenshot_2016-06-19-23-45-33

『画面下にBluetoothをONにしています…』と出るのを確認して下さい。
Screenshot_2016-06-19-23-47-03

なお『Bluetooth管理』にチェックを入れると、SMACON IMEとBluetoothのON・OFFが連動します。
スマコン接続するための手間が1つ省けるので、チェックを入れておくと良いでしょう。
Screenshot_2016-06-19-23-45-251

SMACONを繋ぐ

再び端末側で『設定』→『Bluetooth』と進み、スマコンをSPP Gamepadモード(十字キー↑を押しながら)で起動します。

画面の『SMACON_GP』をタップすると、『Bluetoothのペア設定リクエスト』のポップアップが出るので、『ペア設定する』を選択。
Screenshot_2016-06-19-23-39-41

接続に成功すると、画面下に『接続しました: ○○:○○○○:○○:○○』と表示されます。
Screenshot_2016-06-19-23-43-33

接続が上手く行かない場合は、スマコンの電源を一端落としたり、BluetoothをOFFにしたりして、やり直してみると良いでしょう。

一度接続したら以後は、

①SMACON IMEアプリでSMACON IMEを選択
(Bluetooth管理にチェックが入っている場合は、自動でBluetoothもONに)
②スマコンをSPP Gamepadモードで起動

とするだけで接続が完了します。

キーコンフィグについて

SMACON IMEアプリの『キーマッピング設定』から、ボタンの機能割り当てが行えます。
Screenshot_2016-06-19-23-46-39

ボタンの割り当てですが、

Eボタン→DPAD_CENTER(決定)
Sボタン→BACK(キャンセル)

日本人ゲーマーなら取り敢えず上記の設定が基本になるでしょうか。

あとは、アプリ毎に最適な配置を探すことになるかと思います。

なお、最大で5セット分の設定が保存出来るので、幾つかのゲームを並行してやっている場合には便利です。
Screenshot_2016-06-20-00-05-20

その他注意

BluetoothモードがONの時はバッテリーの消耗が激しいと思われます。
使用しない時はOFFにすることをオススメします。

まとめ

以上で、『スマコン/SMACON』設定方法の解説を終わります。
設定方法がよくわからないまま使われているために、本来の性能を発揮していない場合も多いアイテムなのではないでしょうか。

手間暇掛けて設定してやることで、カバー出来るゲームアプリの範囲も随分広がると思うので是非お試し下さい。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
良いゲームライフを。

Androidでゲームするなら専用コントローラーを。『スマコン/SMACON』レビュー
スマホのゲームアプリの中には、コントローラーでプレイしたくなるようなものもあります。 頭にパッと思い付くのは、やはりドラクエやFF等の...