ブログエディタ『ScribeFire』設定とその使い方

ae1cf0b7c78bf072d8d397bc24891613_s-compressor

記事を書く際、主にScribeFireを使用しています。
シンプルで動作が軽く、必要な機能はほぼ揃っているので大変重宝しています。

コチラの記事でも少しだけ書いていますが、改めてScribeFireを紹介します。

スポンサーリンク

ScribeFireとは

インターネットブラウザ上で動作するブログエディターです。
対応ブラウザはFireFox・GoogleChrome・Operaなどがあります。

下記のリンクからインストールできます。
使用しているブラウザに合ったものをインストールしてください。

ScribeFire FireFox版

ScribeFire Chrome版

ScribeFire Opera版

ScribeFireの使い方

無事インストールが終わったら、ブラウザ右上にアイコンが出現します。

これがScribeFireです。クリックしましょう(Chromeでの場合です。他のブラウザは起動方法が異なるかもしれません)。
Scribefire使い方h-compressor

記事をアップロードするブログを設定

ScribeFireが立ち上がったら、新しいブログを追加をクリック。
Scribefire使い方2-compressor

入力フォームでブログのURLを入力して次へをクリック。
Scribefire使い方4-compressor

ユーザー名とパスワードを入力すれば設定完了です。
Scribefire使い方5-compressor

これを繰り返す事で複数のブログも簡単に登録できます。

ローカルにも保存出来る

普通のテキストエディタのようにファイルに名前を付けて保存といった機能がないScribeFireですが、ローカル上に構築したブログを保存先に設定することで、記事のローカル保存が可能になります。
本番環境のコピーをローカルに用意すれば、編集中記事の表示テストも出来て一石二鳥です。

お手軽!『Instant WordPress』でWordPressローカル環境を構築
私はまだブログを始めて間もないですが、色々と弄っている間にサイトがぐちゃぐちゃになってしまい、インストールからやり直した事が何度かあります。...

ローカル環境にアクセス出来る状況を作ってから記事を作成します。
Scribefire使い方8-compressor

記事を書く

さて、保存先を設定したらいよいよ記事作成です。
左画面のStart a New Postを選択します。
Scribefire使い方i-compressor

後は普段通りに記事を書くだけです。

記事を保存する場合は画面右下の現在の状態を保存をクリックすればOK。
右のPublish Postを選ぶと記事が公開されてしまうので要注意!
記事公開の是非、パーマリンクの設定、予約投稿も設定可能です。
Scribefire使い方a-compressor

記述はMarkdown記法

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。

Markdown – Wikipediaより引用

HTMLを手軽に書ける記述方式って事でしょうか?

とにかく、ScribeFireはMarkdown記法に対応しています。

主な使い所は見出しです。
Scribefire使い方b-compressor
メニューに見出しを付ける項目がないので、見出しはMarkdown記法を使わなくてはなりません。

とは言ってもやることはとても簡単。

見出しを付けたい行の先頭に”#”を記述するだけです。

h1 = #

h2 = ##

h3 = ###

このように見出しによって#の数が変わるだけの単純なものです。

記述したら右上のコードを編集(HTMLやMarkdown)をクリックし、すぐさま”視覚的編集”に戻せば見出しが反映されます。
こんな感じになります。不格好な画像ですが参考までに。
combine_images

私は今のところ、見出し以外のMarkdown記法は使っていません。

その他の機能

テンプレートの選択機能

Scribefire使い方f-compressor
Save Current Post as Templateをクリックすると、その時点での編集内容がテンプレートとして保存されます。
ある程度書式が固まっている記事の作成に使えそうです。

カテゴリー設定、タグ添付

Scribefire使い方g-compressor
アップロード先のブログにあるものを自動で読み込んでくれるので、スムーズに設定できます。

まとめ

記事を編集する際、いちいち管理画面にログインするのは面倒なものです。
通信不良で編集途中の記事がパーになることだってありえます。
ScribeFireならその不安もかなり軽減できると思うので、この機会に使ってみてはいかがでしょうか?

以上、ブログエディタScribeFire設定とその使い方でした。