パスワード管理ツールの『KeePass』をAndroid・PC間で同期する方法

key-978208_640-compressor

外出中にネット銀行の振込手続き等、ログインをしなければ出来ない用事を思い出す事があります。
帰宅するまで覚えていれば良いのですが、私の場合は大抵忘れてしまい、そして次に外出した時に思い出すのループです。

やはり思い出した用事は、その場でスマホを使ってササッと片付けたいもの。

しかし、ネックになるのがログインする際に必要なパスワード等のログイン情報入力。

特に、KeePass等のツールを使ってパスワードをランダムに生成・管理している人は、いちいち覚えていられません。

今回は、そんな「いちいち覚えていられない」を一発解決する、ログイン情報のデバイス間での同期方法を書いてみたいと思います。

やることはとても単純で、KeePassで作ったデータベースをクラウドストレージに配置して、デバイス間で使い回すだけです。

※iOS端末を所有していないため、iPhone等については解説しておりません。

スポンサーリンク

まずはPC上での作業

同期するクラウドストレージを設定

詳しくは後述しますが、今回使うアプリはKeePass2です。
KeePass2で選ぶ事が出来るクラウドストレージは

Dropbox

Googleドライブ

OneDrive

の3つです(その他のサービスも設定次第で使えるとは思いますが……)

私はGoogleドライブを使っていますが、この辺は好みで良いでしょう。
Dropboxをオススメする方が多いようです。

ログインしたら、自分のPCにクラウドストレージと同期するフォルダを作成します。

Dropboxの場合、右上のアイコンから『インストール』を選択。
2016-04-04_18h54_47

Googleドライブの場合、左下の『Windows版ドライブをダウンロード』を選択。
2016-04-04_19h05_45

インストーラーを実行して、自分のPCに同期フォルダが作成された事を確認します。
2016-04-04_19h09_45
普通のフォルダとちょっとアイコンが違いますね。

クラウドストレージにKeePassのデータベースを設置する

KeePassでログイン情報のデータベースを作成し、クラウドストレージに設置します。
2016-04-04_19h18_48
既に作成済みのデータベースがある場合は、移動させるだけでOK。

あとは、データベースに変更が加えられたりすると、自動的にPCのフォルダとクラウドストレージの間でデータのやり取りをし、同期されます。

このデータベースをそれぞれの端末で読み込ませる事で、ログイン情報を同期・共有するという仕組みです。

詳しいKeePassの設定・使い方は、下記の記事を参考にしてください。

面倒なパスワード管理は無料ソフト『KeePass』で。自動入力にも対応
インターネット上のサービスを利用する上で頭を悩ませる問題の1つにパスワードをはじめとするログイン情報の管理があります。 便利なサービスが次...

PCでの作業は以上になります。

AndroidスマホでのKeePassの設定・使い方

※あくまで私の所有している端末準拠での解説です。端末によって操作方法は微妙に異なると思うので、一部情報はあくまで参考程度にお考えください。

インストールと起動

スマホにKeePass2をインストールし、起動します。

KeePass2

起動したら、ファイルを開くを選択。
Screenshot_2016-04-04-20-03-23

次にストレージタイプの選択です。
KeePassのデータベースを保存しているストレージをタップします。
Screenshot_2016-04-04-20-03-31

データベースを選択するとマスターキーの入力を求められるので、これを入力。
無事データベースを開けたら、起動は完了です。

ついでに一箇所確認するべき場所があります。

デバイスの設定画面の言語と入力を開き、キーボードと入力方法の一覧で
KeePass2の項目にチェックが入っている事を確認して下さい。
Screenshot_2016-04-04-20-32-48

実際に入力してみる

まず、KeePass2でログインしたいサイトの項目を開きます。
すると、

○○○○(項目のタイトル):KP2Aキーボードを介して入力可能です。

という通知が画面上部に出ます。

その状態でブラウザ等で目的のログインページを開きます。

次に画面上から下に向かってフリック操作をし、システム通知の画面を出します。
先ほどの通知があるはずなので、タップ。
Screenshot_2016-04-04-20-49-55

入力方法の選択が表示されるので、Keepass2を選択。
Screenshot_2016-04-04-20-53-53

ログインページの入力フォームをタップすると、画面下にKeepass2専用のキーボードが現れるので、ユーザー・パスワードをタップすれば、ログイン情報が入力されます。
Screenshot_2016-04-04-20-55-20
入力後は、一番右のアイコンをタップでデータベースにロックが掛けられます。

まとめ

以上、パスワード管理ツールの『KeePass』をスマホ・PC間で同期する方法でした。

スマホのKeePass2はワンタッチでの自動入力に対応していないのが残念ではあるものの、無料でここまで出来て私は満足しています。

この記事を読んでおられる方も、この機会にパスワードの管理を見直してみてはいかがでしょうか?