パソコンが重い。そんな時はオールインワンなメンテナンスソフト『GlaryUtilities』で高速化!

lego-568039_640-compressor

パソコンの動作が重い。
起動に時間が掛かり過ぎる。
その原因の大半は、肥大化したレジストリ、多すぎるスタートアップ項目、溜まりすぎた不要ファイルにあります。

それら問題を解決するのが、いわゆるメンテナンスソフトです。

PC高速化を謳うソフトは沢山あるけれどどれが良いのか迷っている方、フリーソフトのGlaryUtilitiesがオススメです。

フリーソフトながら、このツール1つで大体最適化できて大変便利です。
ワンクリックで使えるので、PCに詳しくない方でも安心です。

スポンサーリンク

GlaryUtilitiesのダウンロード・インストール

GlaryUtilities公式サイトよりダウンロードします。
2016-04-15_22h04_42
2016-04-15_22h05_22

ダウンロードした『gu5setup.exe』を実行しセットアップウィザードへ。
次へをクリックします。
2016-04-15_22h09_23

ライセンス契約書の画面が出ます。
同意する(A)をクリック。
2016-04-15_22h10_32

インストール先を問われるので、任意の場所を選択して次へをクリック。
2016-04-15_22h12_20

デスクトップやクイックランチャーへショートカットを作るか問われるので、お好みに応じてチェックを入れたり外したり。

Join the Experience Improvement Programについては、チェックを外した方が良いかもしれません。
2016-04-15_22h18_43
インストールを押せば完了。

GlaryUtilitiesの使い方

GlaryUtilitiesの起動ファイルはIntegrator.exeです。
2016-04-15_22h33_06

画面が立ち上がります。

日本語化

GlaryUtilitiesは標準で日本語に対応していますが、環境によってはUIが英語だったり文字化けしたりしているかもしれません。
その場合はを『Menu』をクリックして、設定画面に行きます。
2016-04-15_22h50_26

最初に開いているページが言語設定ページです。
2016-04-15_22h55_13

最後にOKをクリックして日本語化完了です。

ポータブル版の生成

GlaryUtilitiesには、USBに入れて手軽に持ち運べるポータブル版の生成機能があります。
私はポータブル版をメインで使っています。
本体はさっさとアンインストールしました。

メニューより『ポータブル版』をクリックします。
2016-04-16_00h26_08

Glary Utilities Portable Makerという画面が出ます。
保存先を選んで作成をクリック。
2016-04-16_00h29_38

ポータブル版がzip形式で作成されるので、解凍すれば利用可能、ファイル構成はインストール版と同様です。

機能紹介

GlaryUtilitiesはとても機能が豊富です。
PCの掃除、メンテナンスはコレ1つで大体出来ます。
全部解説すると、長くなりすぎるので主要な機能だけ紹介します。

概要タブ

左側のチェックボックスに関しては、Pro版限定の機能のようです。
その他の機能も、別のタブで設定できるのでスルーで良いと思います。
手動アップデートする時に開くくらいでしょうか。
2016-04-15_23h18_14

1クリックメンテナンス

本ツールのメイン機能の1つです。
項目が多すぎてよく分からん!という方は、真ん中タブの『1クリックメンテナンス』を使いましょう。
最適化したい項目にチェックを入れて、『問題点をスキャン』→『問題点を修復』とクリックするだけです。
2016-04-15_23h22_20

レジストリクリーナーは、PCのシステムに深く関わるレジストリに手を加えます。
そのため、最悪の場合Windowsが立ち上がらなくなることもあり得ます。
最適化はレジストリのバックアップをしてからの方が無難です。

高度なツール

一番右のタブです。
1クリックメンテナンスでは大雑把すぎて困るという時は、こちらのタブで1項目ずつ最適化を図れます。

また、このタブ独自の機能として、バックアップ、復元、デフラグがあります。

バックアップと復元については、『システムツール』より利用可能です。
2016-04-15_23h48_56

システムの最適化は、思わぬ不具合のリスクと隣合わせです。
バックアップ機能を利用して、調子が悪い時はすぐに元の状態に戻せるように準備しましょう。

デフラグについて

最適化&性能向上から、デフラグを選択できます。
2016-04-15_23h54_26

デフラグとはHDD上に記録してある断片データを、最適な形で再配置することです。
読み込みの高速化、HDDの消耗を抑える効果が期待できます。

参考:デフラグでHDを最適化して、動作を早くして・寿命を延ばそう

このデフラグですが、とても時間がかかります(特にディスクのデフラグ)。
そして、デフラグの真っ最中に電源を切ると結構な確率で壊れます。

私も外付けのHDDを1つ、デフラグ中の断線でダメにした経験があります。
デフラグは、時間的な余裕と電力的な安定を確保(コードを抜けないようにする、ブレーカーが落ちないよう消費電力をセーブ等)してから行って下さい。

まとめ

以上、やや駆け足ではありますがGlaryUtilitiesの紹介でした。

メンテナンスの前後で、PCの起動時間を見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

Windowsパソコンの起動が遅い?起動速度を測定出来るBootRacer
誰しも一度は『PCがなかなか起動しない』という経験があると思います。 まさに今、起動が遅くてイライラしている方もいらっしゃるかもしれません...

上にも書きましたが、PCのメンテナンスはパフォーマンスの向上が見込める一方で、思わぬ不具合の原因とも成り得えます。
必ずバックアップをしてから行って下さい。