GoogleChrome拡張機能『Drag & Drop Search』気になる単語をドラッグ&ドロップ検索

2016-07-11_23h31_41

先日、私なりにこれだけは必要だと思うGoogleChromeの拡張機能を紹介しました。

GoogleChromeの拡張機能。これだけは入れておきたいオススメを紹介
私はGoogleChromeを愛用しています。 このGoogleChrome、ご存知の通り拡張機能を追加することで自分好みのカスタマイ...

その記事中に、Drag & Drop Searchという拡張機能がありました。

気になる単語があったら、ドラッグ&ドロップで即座に検索出来る優れもののの拡張機能です。

とても便利なのですが、その設定方法が割と不親切な設計になっています。
なので、今回はその設定方法についての記事です。

以下、拡張機能『Text Link Plus』が有効だと、一部のテキストがリンクとして認識されるようです。
予めご了承下さい。

スポンサーリンク

Drag & Drop Searchの設定方法

以下のリンクから導入出来ます。
配布ページ

初期状態について

導入が終わったら、ひとまず使ってみることにします。
適当な単語をドラッグ&ドロップしようとすると以下のような画面表示になります。
2016-07-13_22h20_34
画面外縁部に、何やら区切られた青いボックスが現れましたね。

このボックスに単語をドロップすると、そのまま検索が可能です。

初期状態だと、以下の検索エンジンが登録されています。

・google
・youtube
・wikipedia
・flickr
・facebook
・gamespot
・delicious
・myspace
・twitter
・baidu
・bing
・yahoo

以上12エンジン。

使わないの、結構ありますよね?
deliciousって何だよ……。

使わないエンジンの設定を上書きして、『Drag & Drop Search』をもっと便利に使い倒したいところです。

Drag & Drop Searchをカスタマイズする

という訳で本題。

右上の『Drag & Drop Search』の虫眼鏡アイコンからオプションを開きます。
2016-07-13_22h39_50
もしくは、設定→拡張機能と進み、『Drag & Drop Search』のオプションをクリックしても可。
2016-07-13_22h41_42

設定画面が開きます。

画面下の『Control + Drag:』の項目を『Opens in background』にしておくと、検索をした時に画面が結果を表示しているタブに自動で切り替わるので便利かもしれません。
2016-07-13_22h55_10

検索エンジンを設定します。
今回は、例として『Amazonで商品を探す』カスタム。

Name:をわかりやすくAmazonとします。
2016-07-13_23h07_58

次にこの拡張機能の肝となるURL設定です。
検索エンジン毎に最適なURLを突き止める必要があります。

URLを突き止めるには、実際のAmazonで何か適当に検索します(例として何となく『FireTV』)を検索。
検索結果は置いておいて、URLに注目して下さい。
2016-07-13_23h17_08

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=FireTV

となっています。
カテゴリ等の色々なパラメーターがよく分からない文字列で設定後に、FireTVの検索をしたURLです。

このURLからFireTVの部分を削れば良いので、

(前略)タカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=FireTV

末尾のFireTVを除いて、『URL:』にコピー&ペーストすればOKです。
2016-07-13_23h37_48
2016-07-13_23h40_58

最後に『Save Preferences』をクリック。
2016-07-13_23h43_46

GoogleChromeを再起動後、ドラッグ&ドロップでAmazon商品検索が上手く出来れば設定完了です。

おまけ

私が設定している検索エンジンのURLを記載しておきます。
初期のものと被りもありますが、よさ気な物があったら適当にコピペしてください。

google
http://www.google.com.sg/search?&q=

google画像検索
https://www.google.co.jp/imghpearch?&q=

youtube
http://www.youtube.com/results?search_query=

wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Special:Search?search=

和英google翻訳
https://translate.google.co.jp/#ja/en/

英和google翻訳
https://translate.google.co.jp/#en/ja/

Amazon
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=

Yahoo!ショッピング
http://search.shopping.yahoo.co.jp/search?first=1&tab_ex=commerce&fr=shp-prop&oq=&aq=&mcr=6f264ca27dc4d0a103cf7a4a8e90d38c&ts=1468500649&cid=&p=

ヤフオク!
http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=

楽天市場
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/

まとめ

1:設定したい検索エンジンで適当な単語を検索をする
2:検索結果画面のURLから検索した単語に相当する部分を削ってコピペする

手順としてはこれだけです。

Drag & Drop Searchはとても便利な拡張機能なので、是非使ってみてください。