Windowsパソコンの起動が遅い?起動速度を測定出来るBootRacer

9a3787db74597455a9673f7291d53f4e_s-min

誰しも一度は『PCがなかなか起動しない』という経験があると思います。
まさに今、起動が遅くてイライラしている方もいらっしゃるかもしれません。

原因も対策も様々ですが、今回は『実際のところ起動にどれくらいの時間が掛かっているのか?』を計測してくれるBootRacerを紹介します。

起動毎の計測結果の推移を数字で具体的な数字で把握することが出来ます。
パフォーマンス向上のための施策をし、実際どれほどの効果があるのか、比較するのにも便利なツールと言えます。

スポンサーリンク

BootRacerのインストール

BootRacer配布ページからダウンロードします。
日本語版は少し下です。
2016-04-13_10h57_45

ダウンロードしたファイルを起動します。
次へで先に進み、ライセンス契約に同意してインストール。
2016-04-13_10h59_14

インストールフォルダの指定はありません。
32bitOSならC:Program Files、
64bitOSならC:Program Files(x86)にインストールされます。
2016-04-13_18h46_33

BootRacerの使い方

インストールが終わると、BootRacerが立ち上がります。
早速計測する場合はPCを再起動します。
2016-04-13_11h29_34

実際に計測する

PCが起動する度に自動で計測が行われます。
ユーザー側で何か操作をする必要はありません。

PCの起動が完了したら、右下にBootRacerのダイアログが現れます。
詳しい計測結果は詳細?から見ることができます。
2016-04-13_20h02_27

設定・オプション

2016-04-13_11h31_34
起動毎に測定するのか、次の起動時のみ測定するのか設定できます。
2016-04-13_11h32_02

下の『>>』もしくはタブをクリックすることで別の項目を開きます。
表示では、計測中、右下のカウント表示の有無を設定出来ます。
2016-04-13_19h21_17
統計はデフォルトのままで良いでしょう。
2016-04-13_19h24_59

起動履歴を見る

ダイアログ下の履歴をクリックすると、これまでの起動時間を見ることができます。
2016-04-13_11h36_28
計測毎にコメントを付けられるので、スタートアップ周りの設定を色々弄っている最中には重宝するでしょう。

その他

左下に時間短縮!の項目があります。
2016-04-13_11h32_31
文字通りスタートアップを最適化し、起動時間を短縮する設定項目ですが、最適化に関しては別のツールを使用した方が良いと思います。
少なくとも私は使っていません。

コンテストの項目で、起動時間を世界中のユーザーと競い合う事が出来るようです。
興味のある方は是非。
2016-04-13_11h43_46

普段はインストールしない方が良い?

BootRacerは常駐タイプのソフトウェアです。
PCのを立ち上げた時しか働かない癖に、ダイアログを閉じても動作を続けます。
専有するPCのリソースはごく僅かですが、それでもリソースを喰う事には変わりありません。
スタートアップに関わりそうな設定を変更をする時だけインストールして計測し、普段はアンインストールして置くのがベターかもしれません。

まとめ

何度か計測してみたところ、私のメインPCだと大体30秒台前半。
ほとんど初期状態のノートPCだと60秒前後でした。
これが早いのか遅いのかはよく分かりません。
特段遅いと感じる事はないのですが……。

もちろんスペックによって変わってくるところだとは思いますが、PCの立ち上がりで困っている方は、具体的な起動時間を知るところから始めても良いのではないでしょうか。