ブログを開設するにあたって行った準備まとめ

a0002_011007-compressor

ブログを始めると言っても、方法は無数にあります。
無料ブログサービスのアカウントを取って始めるのが手っ取り早いですが、どうせならちょっと凝った事をしてやろうと考え、WordPressブログを始めることにしました。
WordPressを始めるために行った事を書き出してみたいと思います。

スポンサーリンク

レンタルサーバーを用意

WordPressでのブログ作成ですが、無料のFC2ブログやライブドアブログのように、アカウント登録をして早速書き始めよう、とはいきません。
WordPressを設置するサーバーを用意する必要があります。
自前でサーバーを運用するのは難しいので、レンタルサーバーに頼ることにします。
レンタルサーバーにも幾つか選択肢がありますが、

・サポート体制が充実していて安心

・サーバーの安定性が高い

・月々1000円程度とリーズナブルな料金設定

等々の理由でエックスサーバーを選びました。

独自ドメインの取得

そもそもドメインとは、当サイトのURLでいうことろの

http://cyber-furoshiki.com

赤文字の部分です。

何もしないと、レンタルサーバーがユーザー名等から機械的に文字列が吐き出されドメインとして割り振られますが、それでは余りにも味気ないです。
やはり自分のサイトですから、こういうところも拘りたいですね。
愛着も湧きます。

独自ドメインの取得はお名前.com等で出来ますが、
2016年3月31日までエックスサーバーにて、新規サーバー契約で独自ドメインを1個プレゼントキャンペーンをやっています。
2016年4月1日から4月15まで、初期費用が通常3000円のところを1500円になるキャンペーンをやっています。
現在はいずれのキャンペーンも終了しています。

WordPressをサーバー上にインストール

サーバーとの契約を済ませたら、WordPressのインストールです。
エックスサーバーには自動インストール機能が予め用意されていたので、楽々完了です。

WordPressにテーマを適用

テーマとは言ってみれば着せ替え機能みたいなものです。
見た目のデザインを変えるだけでなく、表示するコンテンツも設定可能です。
標準で幾つかのテーマがインストールされていますが、有料無料問わず、日々沢山のテーマが有志により公開されています。
沢山ありすぎて困るほどです。
私のような初心者でも簡単に使えてシンプルかつ多機能で無料のテーマないかなあなどと都合の良い事を考えていたところ、寝ログさんにて配布されているSimplicityに辿り着きました。
解説記事も丁寧かつ充実していて、いつも勉強させていただいております。

WordPressにプラグインを導入

プラグインとは、WordPressに様々な機能を追加する拡張プログラムです。
こちらもテーマ同様、物凄い数があります。
あれもこれもと導入しすぎてサイトが滅茶苦茶に、あるいは将来滅茶苦茶になってしまう原因になるので、導入するプラグインは絞りました。
以下、ブログ開始時の構成です。

Akismet
スパムコメントをブロック

All In One SEO Pack
SEO対策

Broken Link Checker
サイト内のリンクエラーを通知

EWWW Image Optimizer
サイト内で使う画像ファイルのサイズ圧縮

Google XML Sitemaps
検索エンジンへXMLサイトマップを自動送信

PS Auto Sitemap
こんな感じでサイトマップを自動作成

Table of Contents Plus
記事上部の目次を、記事内の見出しを元に自動生成

TinyMCE Advanced
WordPress付属のブログエディタの機能拡張

WordPress Popular Posts
人気記事を表示

自分のPC上にWordPressのローカル環境を構築

新しいプラグインやテーマを導入する際は勿論、ちょっとした設定ファイルの書き換えの際にも、まず自分のPC上のローカル環境でテストし問題がない場合のみサーバー上のWordPressに本実装します。
トラブルがあってからでは遅いので、最初から準備しておきました。

Instant WordPressならインストールするだけで簡単にローカル環境を構築できます。

まとめ

全くのブログ初心者が、サーバー契約してドメイン取って、WordPressインストールして運用環境を整え、並行してローカルにテスト環境を構築した話でした。

スポンサーリンク

フォローする