スマホ版FF5低レベル攻略に挑戦してみる

Screenshot_2016-03-31-22-44-37

AndroidアプリってGooglePrayだけでなく、Amazonでも配信されているんですね。
つい最近まで、全然知りませんでした。

Amazonギフトが2000円程残っていたので、この範囲で何か良いゲームを買えないものかと思案していたところ、ふと思いついたのがこの記事のタイトルでもあるFF5です。

いい機会なので普通とは違う攻略日記を付けてみようと思います。

スポンサーリンク

FF5ってどんなゲーム?

Screenshot_2016-03-31-22-44-37

正式タイトル『FINAL FANTASY Ⅴ』。

言わずと知れた、国民的RPGのシリーズ第5作目です。

オリジナルであるSFC版は1992年発売。
その後はPS『ファイナルファンタジーコレクション』収録の1作品として移植。
本編クリア後のやりこみ等を追加したGBA版
そして2013年にはスマホ版が配信されています。

ストーリーは全体的に行き当たりばったりです。
久々にプレイして「この場面、こんな適当だったか!?」と驚く事も少なくありません。
まあ20年以上前のゲームなので……。

このゲームの魅力はストーリーではなく、システム面にあります。
20種類以上のジョブの中から任意のものを選択、適時切り替えながら進める事が出来る自由度の高さが名作たる所以。

特にボス戦においての戦術の幅広さ、奥深さたるや尋常ではありません。

低レベルクリアの魅力

そんなシステムに着目し、考案されたのがFF5低レベル攻略です。
検索すれば攻略レポートは山ほど出てきますが、ファミ通に投稿されたやり込み報告がきっかけで、広まった遊び方なのだとか。

敵の行動パターンと弱点を把握し、貧弱なパーティで完封していく楽しみは他のゲームではなかなか味わうことが出来ません。
ゲームが多少下手でも、知恵を振り絞れば必ず勝ち筋が見えてくるというのも素敵なところです。

「低レベルでも遊んでみてね」というスタッフの思惑が見え隠れするような部分もチラホラ見受けられます。
本タイトルをお持ちの方、是非一度は低レベル攻略に挑戦しよう(提案)

プレイ条件

前置きはこの辺りにしておいて、本プレイにおけるレギュレーションを挙げます。

プレイするソフトについて

プラットフォーム違いで幾つか発売しているFF5ですが、今回はAndroid版にてプレイします。
入手が簡単で、GBA版以降の追加要素もプレイしてみたかったというのもありますが、一番の理由は

スマホ版の低レベル攻略記事はないっぽいからです。
配信開始からそれなりに時間が経ってるので、やってる人は居るはずなのですが……。

そんな事ありませんでした。

プレイする中で気付いた、オリジナル版との違いなんかも書いていきたいです。

バッツ2、レナ1、ガラフ1、ファリス4の極限低レベル

Screenshot_2016-03-31-22-59-211

基本中の基本。
王道を行く、2.1.1.4型極限低レベル攻略

平均レベル2の超貧弱パーティで、並み居る強豪ボス達を全てなぎ倒します。

冒頭のバッツ1人でのゴブリン3回を除外すると、回避出来ない経験値入手ポイントは2つ。
この経験値を全てファリスに集めます。

なお、FF5の低レベル攻略には上記の2.1.1.4型の他に、レナとガラフに1回ずつ経験値を振り分ける2.2.2.3型、スマホ版で新たに出来るようになった3.1.1.3型があります。

出来るだけ『お手軽速攻作戦』に走らない

Screenshot_2016-03-31-23-57-41

FF5には、低レベルであろうとも手軽に大ダメージを与えられる手段が結構あります。
その手段を4人で一斉に使い、敵にターンを回す前に沈める等のお手軽速攻作戦は出来るだけ封印します。

要は、敵の攻撃にもちゃんと付き合ってあげましょうというプレイです。

ただし、出来るだけです。
一匹、どうしようもないヤツがいます。

稼ぎは結構する

Screenshot_2016-04-06-19-27-22

序盤でジョブマスターを量産するほどの稼ぎはしませんが、取得に手間がかからないアビリティは積極的に取っていきます。
また、シーフの『ぬすむ』を利用しての金策は滅茶苦茶やります。

要するに

どうしようもなくなったら速攻作戦に走り、稼ぎもガンガンするプレイです。
運ゲーするくらいなら勝率重視。
かなりヌルいプレイになる予定です。

まとめ

10年くらい前に先人達の知恵を借りながらSFC版を低レベルクリアした時以来、いつか自分もこういうプレイ日記書いてみたいなあと思っていました。
読んでくれる人がいようがいまいがお構いなし。
大好きなゲームなので、時間は掛かると思いますが頑張って完走したいと思います。

→次