Googleアドセンスの審査を通過!申請する際に押さえておきたいポイントまとめ

google-920532_640-compressor

先日より、当ブログにもGoogleアドセンスを設置しました。
何となく『らしく』なってきたなあ、と感じています。
コンテンツ、まだまだ少ないですけども。

Googleアドセンスは、サイト運営を手軽に収益化することが出来るとあって非常に人気のサービスです。

解説サイトも山ほどありますが、今回の申請で体験したこと、思った事を私も記事にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

GoogleAdSenseとは

new-york-420941_640-min (1)

Googleが提供している、クリック報酬型の広告配信サービスです。
閲覧者がページに貼られている広告ユニットをクリックすることで、サイト運営者に報酬が支払われます。

アドセンスがサイト内のコンテンツを分析し、コンテンツの内容に合った広告を自動で配信してくれるシステムです。

GoogleAdSenseの審査基準について

checklist-1266989_640-compressor

手軽に設置できるGoogleAdSenseですが、その審査は存外厳しいもののようです。
とは言ってもポイントさえ押さえておけば必ず突破できます。

事実、私も一発承認でした。
なので、厳しいと言われても実感に乏しいのが正直なところです。

審査に通過するためのポイントを以下に述べます。
どれも、それほど難しいものではありません。

ウェブサイトには広告を一切置かない

他所の広告が貼ってあると、客がそっちに取られて自分のところは利用してもらえないのでは?という広告主としての気持ちがあるのでしょう。
審査に通るまでは、広告の表示は厳禁です。

リンクは一切貼らない

これも上記と同じで、他所へ客が流れる可能性があるサイトは嫌がられると考えるのが妥当です。
同じサイトの別ページへの内部リンクなら貼っても大丈夫という話もありますが、やめておいた方が無難です。

画像・動画等を載せない

記事内容に則した画像ならOKのようです。
ケース・バイ・ケースという事なのでしょうが、わざわざ審査に落ちるリスクを背負う程のものでもありません。
掲載は審査を通るまで我慢しましょう。

オリジナルの記事を用意する

他サイトからのコピー&ペーストはすぐにバレるそうです。
他サイトは参考程度に留めて、文章は全て自分で考えます。

500文字以上の記事を5個以上用意

内容がスカスカなサイトは審査に通りません。

記事内容は、普通の日記で良いです。
公序良俗に反しない内容のものを、1日1記事ずつ投稿すれば大丈夫だと思います。

規約についてはこちらが詳しいです。
後々のためにも、一通り目を通しておきましょう。
AdSenseプログラムポリシー

更新頻度に気をつける

あまりに更新間隔が開きすぎたりしていると、審査を落とされます。
しんどいかもしれませんが、審査期間中は毎日更新しましょう。
時間がある時に記事を量産し、予約投稿を設定するのも1つの手です。

無料ブログからの申請は出来なくなった?

2016年3月辺りから、いわゆる無料ブログでの申請は出来ないとの話がちらほら出てきています。
海外ではとっくの昔に無料ブログでの申請は出来なくなっているそうなので、世界的な流れなのかもしれません。

正確には、申請されたURLにサブドメインが付いてる場合に、以下のようなメッセージが表示されて門前払いされるようです。

URLにはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

サブドメインの例(Yahoo!の場合)

・Yahoo!JAPAN     http://www.yahoo.co.jp/

・Yahoo!ショッピング http://shopping.yahoo.co.jp/

・ヤフオク          http://auctions.yahoo.co.jp/

赤字の部分がサブドメインです。
無料ブログでもhttp://○○○○.seesaa.net/のようになっていますね。

ブログを書いて収入を得ようという話です。
肚を決めて独自ドメインを取得してみても良いのではないでしょうか。

また、せっかくの独自ドメインですから、何処かのブログサービスに間借りするのではなく、

サーバー契約をしてWordPressブログを始める事をオススメします。

思い立ったが吉日です。

始めるのは早ければ早いほど良いと思います。

実際に体験した審査の流れ

union-1259608_640-min

参考までに、私が体験したアドセンス審査の流れを書いておきます。

Day 1~2

ブログを開設したら、まずは記事を6個書き溜める。
内容は、鑑賞した映画の感想やモンハンのプレイ日記等。

文字数は1記事につき600~800くらい。
練習がてら、一応丁寧に書く。

書き溜めた記事のうち5個を投稿。
当日から1日ずつ遡るように投稿日時を修正し5日前には存在しているブログに見せかける。
残った1記事は翌日に投稿するよう設定。

その後アドセンスを申請する。
一次審査は一瞬で終わったか、そもそも廃止のようで即二次審査っぽい。
審査用の広告コードをブログに貼り付ける。
アドセンスが表示されるべき場所が空欄になっているのを確認。

Day 3

審査には数週間かかる事もあるということで、長期戦を覚悟。
1日1記事をノルマとし、時間がある時には記事を量産しようと考える。
相変わらず映画鑑賞とモンハンプレイ日記で記事数を稼ぐ。

Day 4

記事を書こうとブログを覗くと、空欄だった場所に広告が表示されている。
Gmailを覗くと、

Google AdSense アカウントの有効化が完了いたしました

おめでとうございます!

というメールが届いている。
おめでとうございます!の自己主張が大変激しい。

晴れて審査合格の様子。
案外アッサリ終わって拍子抜け。

私が申請した時期は、まだギリギリで無料ブログが使えた時期でしたが、流れそのものは現在とそう変わらないはずです。
審査用に作られて放置されたブログが多すぎるとか、何か問題があって、今の無料ブログを弾く?審査になったのかもしれませんね。

まとめ

以上、アドセンスの審査基準と流れについて私が体験した事を素に記事を書いてみました。
ポイントさえ押さえておけば、アドセンスの審査は難しいものではありません。

当記事が、これからアドセンスを利用したい方、利用したいけど審査を通過出来ない方の力になれば嬉しい限りです。